壊せなかった5千円のギター

私は未だにかなり下手糞なのですが、10年間ほどエレキギターを続けています。

これでもバンドを組んでライブを行っていたこともあり、今でも趣味でギターを続けています。

そんな私なのですが、以前になぜか「一人前のギタリスト」になったつもりで天狗になってしまっていた時期があり、大して腕もないくせに、やたらと機材にこだわっていた事がありました。

その頃はお金に余裕もあったため、ギブソンやESPなどの高額なエレキギターを何本も購入し、アンプやエフェクター、その他機材などを、いくつも買いまくっていました。

総額でいくらになったかは分かりませんが、少なくとも300万くらいは使ったと思います。

そんな風に高いギターや機材を購入する事で、「こだわりのギタリスト」を気取っていたわけです。

そんな「イタい人モード」になっていた私は、「安いギターなんてギターじゃない」などという恥ずかしい理論を本気で口にしておりまして、私なんかより遥かに腕のあるギタリスト達の前で、自分のギターと機材を語っていた事もあります。
(しにたい)

さて、それから1年ほど経過した後でしょうか・・。

相変らず「イタい人モード」を続けていた私はある日、「破壊パフォーマンス用に」と5千円のギターを購入し、対バンライブに参加しました。

当然、当時の私は5千円のギターなどギターと思っておらず、ステージで破壊するためだけのギミックとしてライブ会場に持っていったわけです。

そして、ライブの前の楽屋で機材チェックをしている際、自分の持っているESPのギターと5千円ギターとの音の違いを、弾きながらアツく語っていました。
(しにたい)

しかしそこへ、以前にも対バンした事のあるバンドのギタリストで、ギターの講師もしている友人がやってきて、「なにこのギター?可愛いストラトタイプだね」なんて言いながら、何気なしにそのギターを弾きました。

・・・そしてその音に衝撃!

なにせ、私が弾くESPのギターなんかよりも遥かにカッコイイ音を奏でるのですから!

その友人は、簡単なソロ弾きとカッティングを少しやっただけでしたが、それだけで十分に筆者との格の違いを見せつけられるほどに、素晴らしい音を奏でました。

その瞬間、黙り込む私とバンドメンバー。

体がカッと熱くなるのがわかります。

「ああ。オレ、イタいことしてたわ・・。」と、一気に目が覚めたのでした。

ギターの音は、ギターの値段と機材で決まるわけじゃない!

何よりも、弾く人間の腕がモノを言うものだ・・・!

もちろん、腕のある人が良いギターを弾けばもっといい音が出ると思いますが、たとえ安物ギターであっても、腕がある人が弾けばカッコイイ!

急激に我に返された私は、もうギターを辞めてしまいたくなるほどに恥ずかしかったですが、今でもあの時の友人の音が出せるようになりたいと、5千円ギターが手元に残してあります。

破壊パフォーマンスを行おうとしていたあの日・・、私はその5千円ギターに尊いものを感じ、破壊できずにステージを終えたのでした。

サックス教則本

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です