美容にかかせない界面活性剤のメカニズム

豊かな泡立ちをもたらす界面活性剤は洗剤に働くだけではない。
化粧品の安定や浸透性を高め、心地よい感触をもたらす重要な役割を果たす。

界面活性剤

水と油を取り持つ乳化作用で汚れを取り除く

洗顔料や洗顔の主成分として知られている界面活性剤。
そもそも界面とは、境界の面=異なる性質の間にある仕切りや膜を指し、界面活性剤は性質が違うふたつを仲立ちする物質のこと。
分子レベルのはなしになりますが、界面活性剤には水になじむ部分が「親水基」と、油に馴染む部分が「親油基」があり、本来は混じり合わない、水と油の間に入って両者が混ざるよう
にします。

では、汚れを落とすメカニズムはどうなっているのだろうか。
肌や毛髪、衣類でも汚れの主成分は基本的に油。
これが肌や布などについている状態です。
まず親油基が汚れの表面に吸着します。
次に汚れと肌の間に侵入して、汚れをぐるりと取り囲みます(ミセル)。
さらに球状になって、肌から離脱するローリングアップと乳化作用で汚れを表面から取り除きます。
同時に界面活性剤は汚れの再付着を防止する作用もある。

肌からはぎ取った汚れ=油をミセルで包んで水中に混ぜる。
この仕組みはマヨネーズの乳化と同じ。
界面活性剤は食品でも重要な働きをしているのである。

界面活性剤の操作次第で
化粧品の機能や感触は自在に変わる

水分と油分が主成分の化粧品でも、界面活性剤の乳化作用は活用されている。
乳化はミセルでつくった油滴を水中に混ぜるものですが、逆に水滴を油中に混ぜる分散も化粧品ではよく使われる機能です。
また親油基と親水基の向きも重要で、親水基を外側に向けてファンデ―ションを作れば、汗や水をはじいてもちのいい製品に、
親水基を外側に向けて作れば、みずみずしい感触の製品になるんです。

さらにマイクロエマルションという技術を使うと、大量の油が入っているのに透明でサラサラした感触の化粧品をつくることができます。
この技術を可溶化といいますが、油滴や水滴が小さい化粧品は、伸びにも浸透力にも優れているうえ、安定性も増して長期間保存しても変質しにくくなります。

界面活性剤は化粧品の感触や機能をデザインするうえで欠かせない物質といえる。
しかも科学技術の発展により、50~60年前の1/10の量で100倍程の効果を出せる活性剤の開発が進んでいる。
一方で、消費者のナチュラル志向に応えて天然由来の界面活性成分も活かされる傾向にある。
製品の市販には厳しい試験・検査が求められますから、界面活性剤でトラブルを起こす可能性は限りなくゼロに近いといえます。

 

健康の為には犬を飼って一緒に運動したりするのもいいですね。
また、心の癒しにもワンちゃんは最高です。
ストレスが減る事で美容にも良い効果がでてくると思います。

でも、初めて犬を飼うときに心配なのがうまく躾ができるかな?です。
夜中に大声で鳴かれても困ってしまいますよね。

でも、最近は無駄吠え防止 しつけくんという便利なグッズができたので無駄吠えの躾の心配はほとんどなくなったそうです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です