シミは食生活の工夫で薄くなる!

年齢を重ねた女性の多くが抱える悩み、それはシミではないでしょうか。

若い頃には簡単で基本的なスキンケアさえしていれば白い肌がキープできますが、その調子で過ごしているといつの間にか顔にまだら模様のようにシミができてしまいます。

シミが出来たら高価なスキンケア化粧品を使わなければ解消できないのでしょうか。

確かに高価な化粧品は比較的短期間でシミを薄くする効果が期待できます。

しかし普段の食生活を工夫してみるだけでシミを薄くすることもまた可能なのです。

ここでは食生活で無理なく取り入れられるシミ対策を見ていきたいと思います。

美白対策化粧品の成分を見てみるとビタミンCやL-システイン、アスタキサンチンなどが含まれているものが多く存在します。

これら美白成分は食物から摂取しても効果を発揮します。

美白成分の代表格と言えばビタミンCです。高い抗酸化作用があり、シミの原因である活性酸素の除去に効果を発揮し、メラニンの生成を抑える働きもある栄養素です。

野菜や果物など多くの食物に含まれているため摂取自体は難しくありませんが、水溶性であるため体外に排出されやすいためこまめに摂取することが大切です。

L-システインも美白効果の高い栄養素として知られています。新陳代謝を高めて出来てしまったメラニンの排出を助ける働きを持っています。

化粧品に配合されている印象が強い成分ですが、食物から摂取することも可能です。

しらす干しやクロマグロの赤身、カツオやサバといった魚類、豚肉や鶏むね肉などに多く含まれている他、大豆やごま、カシューナッツなど植物性の食物からも摂取可能です。

ビタミンCとL-システインは一緒に摂取すると効果が高まると言われています。

果物と豆乳にL-システインを含むハチミツを加えたドリンクはシミ対策に効果を発揮します。

L-システインとともに美白成分として最近注目されているのがアスタキサンチンです。

高い抗酸化作用と肌ダメージの修復、メラニン抑制に効果が期待できる成分です。

アスタキサンチンの特徴はその色であり、特徴的な赤色をした魚に多く含まれている栄養素です。

鮭やイクラはアスタキサンチンを効率よく摂取できる食材です。

金目鯛やキンキといった赤い皮を持った魚にも含まれていますが、身の部分にはアスタキサンチンがないので皮ごと摂取するのが効果的です。

このように普段口にする食材の中にもシミ対策ができるものが多く存在するのです。

高価な化粧品で家計を圧迫する前にいつもの食事で美白を目指してみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です