乾燥肌が食生活で大幅に改善しました!

私は中学生の頃から乾燥肌に悩まされています。

それは顔だけではなく全身であり、夏場以外は常に乾燥している状態です。

お風呂上がりに顔・全身にローションや乳液、ボディークリームを塗らないと皮膚がパキパキになってしまいます。

顔に至っては乾燥によって頬が赤ら顔になったり、吹き出物がでたり、しわが増えたり、いろいろな二次障害が発生します。

しまいには口や目の周りが乾燥により粉を吹いたような感じになってしまったので、友人の紹介でお金をかけてエステに通うことになりました。

実際3年ほどエステに通い、粉が吹くようなことはなくなり、顔の皮膚の状態はかなり良くなりました。

さらに全身の乾燥に関しては、クリームをしっかり塗るだけでなく、週に3回は20分以上の入浴をして全身の発汗を促し、老廃物の排出をするように心がけたりしています。

さらに最近は身体の中から綺麗になることも重要だと考え、栄養面にも気を遣うようになりました。

その栄養面を気にし始めたころからが一番肌の状態がいいように感じています。

具体的には、

①栄養を効率よく摂取する。

②たんぱく質をより多く摂取する。

③同時にビタミンを摂取する。ここに重きを置いて実践しています。

例えば、スープやカレーなどを作るときには具材を5~10種類使うようにし、より多くの食材を取り入れるようにしています。

たんぱく質もなかなか量を食べることができないので、食べれるだけ食べて、それ以外はプロテインを活用しています。

女性用やダイエット用なども最近は売っているので、自分に合ったものを見つけて摂るようにしています。

特にたんぱく質をとりにくい朝に取り入れたり、就寝前に飲むようにしています。

ビタミンに関しては野菜を細かく刻んで取り込みやすくしたり、水溶性の物であればスープにしたり、ジュースは100%の物を飲むようにしたりしています。

そして特に毎日継続して行っているのが、1日に大さじ1杯のチアシードを摂取していることです。

これを始めてからが特に調子がいいように感じています。

実際関係があるのかどうかはわかりませんが、ひどかった花粉症もここ2年はほとんど感じませんし、ひどい風邪を引くこともありません。

もともと乾燥肌のために始めたことでしたが、結果的に全身の体調管理に繋がって、肌の調子も急激に崩れるようなことはなくなりました。

もちろん乾燥肌は残っているので、毎日の入浴後のケアは欠かせませんが、今までのように悩まされることはなくなりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です