汗は体温を下げる効果がありますが、汗が肌(皮膚)のトラブルの原因になることもあります。

タオルなどで何度もに汗をふいていると、ふやけた肌を傷つけて、汗による肌荒れが起きます。

これを防ぐには、汗をかいたときの対処が大切です。

汗をふくときははタオルでそっと押さえてください。

ゴシゴシと肌を拭(ふ)いて汗をすり込まないようにします。

汗をかいた後における日中の洗顔や化粧直しは、洗顔料を使わず水で流すか、蒸留水をスプレーしてタオルなどで軽く押さえて水分を拭(ふ)き取るようにしましょう。

決して肌をこすらないようにしてください。

また、薄着の季節は、ネックレス(首飾り)などのアクセサリーを肌の上に直接身につけることも多い。

こうして、汗の水分で金属がイオン化(金属が陽イオンになる)し、その金属イオンがアレルゲン(アレルギーの原因物質)になりやすいので、アレルギー(拒否反応)をおこすことがあります。

そこで、金属を使ったアクセサリーは避け、ベルトの金属が直接肌に触れないようにしてください。

スキンケア(肌のお手入れ)として、汗だけでなく、太陽光にも注意したい。

強い日光が降り注ぐ季節は、「光線過敏症」に悩む人が増えます。これは、太陽が出でいる日中に紫外線(目に見えない太陽光)や可視光線を浴びた肌に湿疹(しっしん)や水ぶくれが生じ、かゆみや痛みが出る病気です。

光線過敏症はいくつかの病気の総称ですが、多くの光線過敏症は、太陽光が弱い冬には症状が軽くなり、太陽光が強くなる春先から夏にかけて重症化します。

光線過敏症は、「太陽光」が原因だからです。したがって、太陽光を浴びる肌の範囲が広くなるときは要注意です。

こうしう場合のスキンケアは、屋外を歩く際には日焼け止め剤、長そでの衣服、ズボン、帽子、日傘でしっかり太陽光を遮断(しゃだん)する必要があります。

太陽光の遮断が難しい活動は避けた方がよいのです。

光線過敏症が起きやすい部位として、顔、首回り、腕(うで)、脚(あし)です。要するに、肌(皮膚)が露出している部分です。

光線過敏症は、「湿疹(しっしん)や水ぶくれなどが光を浴びたところだけに起きるか」「薬剤性光線過敏症を引き起こす薬を飲んでいる」「湿布を貼(は)っているか」「特徴的な色や形をしたブツブツや吹き出物が出るか」など他の病気と区別するポイントはいくつかありますが、じつは、専門医以外には見分けにくいケースも多いとされています。

しばらくして自然に治ることも多いが、皮膚にブツブツやかゆみが現れた場合には、皮膚科を受診しましょう。

早めに皮膚科にかかり適切な対応をとれば、肌の症状が悪化することはありません。

エマルジョンリムーバー 口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です